ここから本文です

「良い成果出せた」 復興事務次官退任の岡本氏

福島民報 6月22日(水)11時14分配信

 21日付で復興庁事務次官を退任した岡本全勝(まさかつ)氏(61)は同日、復興庁で記者会見した。東日本大震災発生直後から携わった復興行政について「これまでにない施策、アイデアで対応してきた。完璧ではないが良い成果は出せた」と振り返った。
 復興施策の成果について、インフラ復旧のほか、産業とコミュニティー再生にも対応の幅を広げた点を挙げ、「3つ合わせた施策が日本の常識になった。企業とNPOの力を取り入れることもでき、被災地の多くの市町村が評価してくれた」と語った。
 21日付で内閣官房参与・福島復興再生総局事務局長に就任した。復興庁、環境省、政府原子力災害現地対策本部の県内でのまとめ役を担う。「古里に帰還したいと思う住民がいる限り、その思いを実現させる。これまで築いた信頼関係を生かして取り組みたい」と述べた。

福島民報社

最終更新:6月22日(水)12時53分

福島民報