ここから本文です

18、19歳3万7602人 福島県内選挙人名簿

福島民報 6月22日(水)11時16分配信

 福島県選管委は21日、同日現在の県内の選挙人名簿登録者数(選挙時登録)を発表した。
 選挙権年齢の引き下げに伴い登録された18、19歳の総数は3万7602人(男1万9128人、女1万8474人)。全登録者数に占める割合は2・3%だった。
 市町村別で最も多いのはいわき市で6757人だった。次いで郡山市が6660人、福島市が5833人。最も少ないのは檜枝岐村の11人で、次いで昭和村の13人、三島町の21人だった。
 選挙権年齢は公選法改正により「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げられた。22日公示される参院選が初めて適用される国政選挙となる。参院選で投票できるのは投票日翌日の7月11日までに18歳の誕生日を迎える人。

■県内有権者164万2316人 21日現在

 県内の選挙人名簿登録者数(選挙時登録)の総数は164万2316人(男79万8967人、女84万3349人)。平成25年の前回選挙の選挙時登録より1万4922人多い。
 衆院の選挙区別で見ると、最も多い1区が42万2962人、最も少ない4区が23万4243人となっている。

福島民報社

最終更新:6月22日(水)12時58分

福島民報