ここから本文です

俳優イ・ミンホ、「幸福分かち合い賞」受賞

WoW!Korea 6月22日(水)19時14分配信

俳優イ・ミンホが、「幸福分かちあい賞」を受賞した。

 イ・ミンホは21日、ソウル中区にある世宗(セジョン)ホテルで開催された「2016年 第1回 幸福分かちあい賞」授賞式で受賞者に選ばれた。韓国の保健福祉部が主催する同賞は、助けあいへの社会的な認識を高め、助けあい文化を広げるための社会貢献への功労者と団体に付与するもので、受賞者40人の中で大衆文化芸術分野のアーティストはイ・ミンホただひとりだった。

イ・ミンホのプロフィールと写真

 この受賞には、デビュー以来続けてきた社会貢献活動が国レベルで認められたという意味がある。イ・ミンホは、2009年にマラリアの殺虫処理をした蚊帳を寄贈するキャンペーン「ラブネット」でユニセフと縁を持って以来、2015年にはネパール地震の緊急救護のために1億ウォンを寄付するなど持続的な寄付活動をしてきた。彼はホルト(児童福祉会)、ユニセフ、チャリティーウォーターなどで実質的な慈善活動を実施している。

 また、アジア全域はもちろん世界のいたる所で自身の影響力をよりプラスの方向に活用するために、2014年ファンとともに自ら新概念の寄付プラットホーム「PROMIZ(プロミズ)」を設立。アフリカの井戸堀り事業への参加や、児童福祉の改善活動、飲み水浄化剤の寄贈、中小企業と共に善良なマーケットなどを運営中だ。

 そうした功労が認められ、「PROMIZ」は5月に善良なブランド大賞を受賞した。またこのようなイ・ミンホの影響を受けて、彼のファンも世界各地で老人ホームを訪問したり、植樹や小児がんの助け合い、寄付などの様々な社会貢献活動を続けている。

 ユニセフは、「イ・ミンホの社会貢献活動は、 2009年以来持続されてきた。ユニセフの高額寄付者の会員でもあるイ・ミンホは、全世界の子供たちの生存と保護、権利のための助けあい活動を率先し、成熟した寄付文化の造成に力をつくしている」と授賞の理由を説明した。

 イ・ミンホは、「全世界のファンから受けている貴い愛に少しでも報いるために助けあいを実践しています。今後も助けが必要な人々に持続的に関心を持ち、温かい心で世の中を包み込む俳優になれるように努力します」と語った。

最終更新:6月22日(水)19時14分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。