ここから本文です

MERRY、11月に15周年記念ライブ開催決定

BARKS 6月22日(水)12時26分配信

2001年11月7日(水)の初ライブ以来、丸15年を迎えるMERRYが、11月7日(月)に15周年特別記念公演として<MERRY 15th Anniversary Greatest Hits or Not Greatest Hits ~Special 2night【白い羊】【黒い羊】~>を品川ステラボールにて開催することが決定した。

本公演に関しては、2012年に赤坂BLITZにて開催され大好評だった《1日2回公演》という形式が取られることだけが発表されているが、それ以外はまだヴェールに包まれたままだ。今後、MERRYが贈る15周年への試みの続報が届くことを心待ちにしておこう。

そして、6月22日、最新LIVE DVD『NOnsenSe MARkeT FINAL -最終階- 2016.2.7 EX THEATER ROPPONGI』が発売となった。MERRYが15周年を迎えるにあたり幾つもの紆余曲折があり、その中でも2013年のテツ(Ba)の負傷により4人での活動を余儀なくされたことは、MERRY史上最も過酷な試練となった。メンバーそれぞれが己と向き合い、一丸となりながらその危機を乗り越え、今年2月7日のEX THEATER ROPPONGI公演で5人が揃って完全復活を果たしたことは、彼らにとって大きな意味を持った。その記念すべき一夜を収録した映像作品となっており、ガラ(Vo)も自身のブログで「俺の想いや伝えたいことは全部この作品の中に詰まっています」と筆で素直な想いを綴っている。そんな作品の発売日に15周年という節目に相応しい特別記念公演を発表したことは、どんな状況であっても支え続けてきたくれたファンへの気持ちもしっかりと込められているに違いない。

そんな彼らは、現在、<MERRY 2016 Summer Tour「-15- Sheep」>と題した全国15箇所を廻るツアーの真っ最中。テツ復帰以来の5人でのツアーともあって各地で大盛況のライブを展開している。結生(Gt)が描き下ろした全15種類の「MERRYご当地ステッカー」来場者全員プレゼント企画や、メンバーズクラブ<CORE>会員を対象にした企画を実施するなど精力的な活動を繰り広げている。

ライブ写真●中村 卓

ライブ・イベント情報
MERRY 15th Anniversary Greatest Hits or Not Greatest Hits
~Special 2night【白い羊】【黒い羊】~
2016年11月7日(月) 品川ステラボール

リリース情報
LIVE DVD『NOnsenSe MARkeT FINAL -最終階- 2016.2.7 EX THEATER ROPPONGI』
2016.6.22 RELEASE

【初回生産限定盤】(DVD2枚組)SFBD-0062~0063 ¥7,500 (tax out)
【通常盤】SFBD-0065 ¥4,000 (tax out)

[DISC 1] ※初回生産限定盤、通常盤 共通
1. iNtO the mARkeT
2. NOnsenSe MARkeT
3. 「東京」
4. 青春ノイローゼ
5. 絶望
6. Zombie Paradise ~地獄の舞踏曲~
7. 暗闇にピンク
8. 青年秘密倶楽部
9. 首吊りロンド
10. Hide-and-seek
11. 平日の女 -A面-
12. Station 07
13. 千代田線デモクラシー
14. オリエンタルBLサーカス
15. Midnight Shangrila
16. Carnival
17. ジャパニーズモダニスト
18. 梟
19. 不均衡キネマ
20. 自意識過剰型木偶人間
21. T.O.P
22. Happy life
23. Unreachable Voice
24. 平日の女 -B面-
25. 陽の当たらない場所
26. 群青
[DISC 2] ※初回生産限定盤のみ
2016年1月2日を皮切りに約1年に渡り行われた<NOnsenSe MARkeT Grateful Year 2015ツアー>より各公演の中から抜粋したツアーダイジェスト映像に加え、リハーサル風景やメンバーに密着し当日のステージの裏側を抑えたバックステージの様子など、公演当日までを追ったメイキング映像を収録。その他本編とは違った構成を楽しめるマルチアングルを収録。

最終更新:6月22日(水)12時26分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。