ここから本文です

ストーン・ローゼズのファン、公演へ向かう途中に仰天ハプニング

BARKS 6月26日(日)16時47分配信

ストーン・ローゼズが先週(6月15~19日)、故郷マンチェスターで大規模な公演を開いたが、土曜日(18日)彼らの大ファンでスコットランドからマンチェスターまで彼らのパフォーマンスを観に行ったエリザベス・クリントンさんは、電車で移動中、ビックリする体験をしたそうだ。

◆ストーン・ローゼズ画像

彼女と夫、友人たちは、マンチェスターから20キロほど離れたウォリントン駅で途中下車。エリザベスさんは1人でトイレへ向かっていると、彼女が着ていたストーン・ローゼズのTシャツを目にした男性が「いいTシャツだな。どこで手に入れた?」と声をかけてきたそうだ。

どこかで聞いたことがある声だと思いつつ、エリザベスさんが顔を上げると、そこにいたのはイアン・ブラウンだったという。エリザベスさんは「目を疑った。彼がホームのベンチに子供と座っていたの」と、そのときの驚きを『Daily Record』紙に話している。「コンサートが始まる4時間くらい前だった。彼は子供を電車に乗せるところだったの」

イアンと写真を撮った彼女は、大急ぎで夫や友人のもとへ戻ったが、最初は誰も信じてくれなかったそうだ。夫のポールさんは同紙にこう話した。「彼女、走って戻ってきて、イアン・ブラウンに会ったとか言うんだ。“あっそ、よかったね”って思ったよ。彼女が携帯(で撮影した写真)を見せるまでは」

イアンは、夫妻や友人との写真撮影にも快く応じてくれたそうだ。トイレへ行く時間はなくなってしまったが、エリザベスさんはこの出来事に大満足。もちろん、その後観たパフォーマンスも素晴らしかったそうだ。

ストーン・ローゼズはこの後、6月30日NYのマディソン・スクエア・ガーデンでプレイする。

Ako Suzuki

最終更新:6月26日(日)16時47分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。