ここから本文です

トム・オーバーハイムが自ら復刻、2基のSEMにシーケンサー&鍵盤を統合したTom Oberheim「Two Voice Pro Synthesizer」

BARKS 6月22日(水)21時55分配信

エムアイセブンジャパンは、Tom Oberheimのシンセサイザー「Two Voice Pro Synthesizer」を発売した。シンセレジェンドの一人、トム・オーバーハイムが自ら復刻したシンセサイザーだ。

1974年に生産された「SEM」(シンセサイザー・エキスパンダー・モジュール)を、設計者のトム・オーバーハイム氏が、シンセサイザー・ビジネスにカムバックし自身の手で手掛けた新しいSEMシリーズ。1番お気に入りのシンセサイザーの問いに必ず「Two Voice」と答えるトム・オーバーハイムが、2基のSEMにミニシーケンサーやキーボードを統合し、「Two Voice Pro Synthesizer」として自身で復刻した。

1975年のオリジナル・モデルを再現しつつ、興味深いアップグレードも追加された2ボイス・アナログ・シンセサイザーであり、オーバーハイム氏によるMade in USA。希少価値が高く、本物のアナログ・サウンドを提供するプレミアムなシンセサイザーがついに日本上陸を果たした。

シーケンサーを2基搭載し、それらを同時再生可能。また、1基のシーケンサーでシーケンスさせながらキーボードで演奏することも可能。最大16ポジションのノブでシーケンスの生成だけでなく、フラッシュメモリへの保存も行えるほか、シーケンサーはソングにチェーンやMIDIクロックへの同期も可能だ。

キーボード出力はベロシティおよびプレッシャーに対応、ピッチおよびモジュレーション・ホイールも備える。各モジュール(SEM、ミニシーケンサー、キーボード・コントロール)にはミニジャック・パッチ・ポイントを搭載。独立したビブラートLFOやヘッドホン出力も用意される。サイズは664(幅)×405(奥)×146(高)mm。電源は同梱のDC電源アダプター(100V 50~60Hz対応|PSE準拠)を使用。1年間の製品保証、日本語取扱説明書が同梱される。

製品情報
◆Two Voice Pro Synthesizer
価格:458,000円(税込)
発売日:2016年6月17日

最終更新:6月22日(水)21時55分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。