ここから本文です

ジーン・シモンズ「俺の母親は自分の母親がガス室へ送られるのを見ていた」

BARKS 6月26日(日)16時48分配信

ジーン・シモンズは、ホロコーストを生き延びたユダヤ人である母親が自身の体験について語りたがらないため、自分で調べ、一家の悲惨な運命を知ったという。

◆ジーン・シモンズ画像

『The Big Issue』のインタビューで、自身の生い立ちや家族の歴史について語ったジーンは、こう明かしたそうだ。「俺の母親は14のとき、ナチ・ドイツの強制収容所にいた。彼女はそのことについて語らなかった。だから、俺は自分で調べ、どれだけ酷いことが起きたか知ったんだ。彼女とそのことについて話そうとしたが、彼女はこの先も拒むだろう」

「彼女は自分の母親がガス室へ入っていくのを見ていたんだ。彼女の家族は破滅させられた。残ったのは俺の母親だけだった。たった14歳だったんだよ。俺はイスラエルのホロコースト博物館へ行ったことがある。ナチは(収容された)人たち全ての名前を記録し残していた。列車の乗客名簿の中に、彼女の名前を見つけたよ」

シモンズの母親は、1994年、イスラエルからNYへ向かうフライトの中で偶然隣に座った、ホロコーストの取材をしているジャーナリストから、彼女の体験について話してほしいと頼まれたとき、こう答えたそうだ。「あの扉を開け、あの記憶を呼び戻すことは私にはできない。もしそんなことをしたら、私は気が狂い、戻ってこられなくなる」

Ako Suzuki

最終更新:6月26日(日)16時48分

BARKS