ここから本文です

【東京株式市場】日経平均は3日で735円上昇と勢いも、急変への警戒は怠れず

投信1 6月22日(水)6時0分配信

株式市場の振り返り-朝方の売りを早々に吸収して3日続伸、終値でも16,000円台を回復

2016年6月21日(火)の東京株式市場は続伸となりました。日経平均株価は前日比+1.3%の上昇、TOPIXも+1.2%の上昇で引けています。いずれも3日続伸となりました。また、新興株式市場の東証マザーズ総合指数も+1.2%上昇する続伸となりました。

日経平均株価は、円高が進んだことや大幅上昇の反動等により、前日比▲89円安で寄り付いた後、間もなく一時▲194円安まで下落する場面が見られました。しかし、売り一巡後は買い戻しが優勢となり、一気にプラス転換し、後場の後半には+237円高まで上昇しました。結局、大引けは+203円高の16,169円で終わっています。6日ぶりに終値で16,000円台を回復しました。

東証1部で上昇したのは1,395銘柄、値下がり443銘柄、変わらず121銘柄でした。東証1部の出来高は17億2,232万株、売買代金は1兆7,797億円(概算)となっています。残念ながら、商いは依然として低調です。

セクター動向と主要銘柄の動き-30業種が上昇、久しぶりに内需関連セクターに買い戻し

東証1部の33業種中30業種が上昇しました。上昇率の上位には、医薬品、食料品、不動産、情報・通信など、内需関連セクターが名を連ねています。一方、下落した3業種は非鉄・金属、鉱業、鉄鋼の素材系セクターが占めています。

個別銘柄では、アステラス製薬 <4503> や塩野義製薬 <4507> などの薬品株が大幅上昇となり、KDDI <9433> 、ソニー <6758> 、セブン&アイ・ホールディングス <3382> なども値を上げました。また、村田製作所 <6981> も値を飛ばしました。一方、日東電工 <6988> や中部電力 <9502> の下落が目立っています。

本日(6月22日)の注目点-足腰の強いリバウンドながら、利益確定の売りが優勢になる局面も

昨日述べた通り、株価はリバウンド局面にあります。21日の利益確定売りを早々に吸収したことからも、意外に足腰は強いと見られます。しかし、商いが薄いこと、主力セクターへの買いが少ないこと等から、本格的な上昇相場とは言い難い状況です。英国のEU離脱是非を問う国民投票の実施が迫る中、イベント型の短期筋による投機的な仕掛けが懸念されます。引き続き、為替相場を中心に注意が必要です。

そのような状況の下、国内では材料不足が続くため、22日(水)も様子見スタンスが続く可能性が高いと考えられます。また、この3日間で日経平均株価は約+735円も上昇しており、売りが優勢になる場面も考えられます。株価の急騰や急落に注意しながら、内需関連の出遅れ銘柄などに注目しましょう。

投信1編集部

最終更新:6月22日(水)6時0分

投信1

チャート

アステラス製薬4503
1595.5円、前日比-12円 - 9月28日 15時0分

チャート

塩野義製薬4507
5229円、前日比-24円 - 9月28日 15時0分

チャート

KDDI9433
3139円、前日比-80円 - 9月28日 15時0分

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]