ここから本文です

リオのカーニバル、2017年の行進スケジュールが発表に

MEGABRASIL 6月22日(水)8時42分配信

トリは2016年優勝のマンゲイラ

6月20日(月)夜、リオデジャネイロのポルトゥアーリア地区のシダーヂ・ド・サンバにて、来年2017年のリオのカルナヴァウでのグルーポ・エスペシアウと呼ばれる上位チームのジスフィーリ(パレード)の順番を決める抽選会が行われた。

2017年、リオデジャネイロにおけるグルーポ・エスペシアウのジスフィーリは、2月26日(日)と2月27日(月)の2日間に行われる。

行進は、1日目の2016年2部リーグ優勝チーム「パライーゾ・ド・トゥユチ」から始まり、最終日は2016年優勝チーム「マンゲイラ」が2年連続で締めくくる予定。

決定した順番はこちら。

2月26日(日):
1- パライーゾ・ド・トゥユチ
2- グランヂ・ヒオ
3- インペラトリス
4- ヴィラ・イザベウ
5- サウゲイロ
6- ベイジャ・フロール

2月27日(月):
1- ウニアォン・ダ・イーリャ
2- サォン・クレメンチ
3- モシダーヂ
4- ウニードス・ダ・チジュッカ
5- ポルテーラ
6- マンゲイラ

(文/柳田あや)

最終更新:6月22日(水)8時42分

MEGABRASIL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。