ここから本文です

YEN TOWN BANDの20年ぶりアルバム『diverse journey』7月発売

CINRA.NET 6月22日(水)11時8分配信

YEN TOWN BANDのニューアルバム『diverse journey』が、7月20日にリリースされる。

【もっと画像を見る(3枚)】

本日6月22日にKj(Dragon Ash)をフィーチャーしたシングル『my town』を発表したYEN TOWN BAND。1996年の『MONTAGE』以来、約20年ぶりのアルバムとなる『diverse journey』には、“アイノネ”“my town”といったシングル曲や、すでにライブで披露されている“EL”など全11曲を収録する。

ジャケットのデザインは岩井俊二監督がプロデュース。アルバムのコンセプトである「旅」を表現したイラストが使用されている。初回限定盤には、昨年に『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015』で行なわれたライブの様子を収めたDVDが付属。またアナログ盤が9月14日にリリースされる。

アルバムリリースの発表とあわせて“my town”のPVが公開。岩井が監督を務めた同PVは、上空から日本を捉えた映像になっている。

CINRA.NET

最終更新:6月22日(水)11時8分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。