ここから本文です

尾野真千子の喪服姿も、大竹しのぶ×豊川悦司『後妻業の女』場面写真

CINRA.NET 6月22日(水)12時11分配信

映画『後妻業の女』の場面写真が公開された。

昨年『破門』で『第151回直木三十五賞』を受賞した、黒川博行の小説『後妻業』をもとにした同作。年老いた男たちの後妻に収まり、資産を奪い取る犯罪「後妻業」を題材に、結婚相談所所長の柏木と、柏木の入れ知恵によって孤独な男たちを手玉に取る小夜子の2人を中心とした物語を描く。

【もっと画像を見る(11枚)】

場面写真では、主人公の小夜子を演じる大竹しのぶの姿をはじめ、小夜子と共に独り身の老人たちを騙していく柏木役の豊川悦司、2人を追い詰める探偵・本多役の永瀬正敏の姿が確認できる。また本多に小夜子の調査を依頼する朋美役の尾野真千子、朋美の姉・西木尚子役の長谷川京子の喪服姿も捉えられている。なおキャストには小夜子の息子・博司役の風間俊介らが名を連ねている。

CINRA.NET

最終更新:6月22日(水)12時11分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。