ここから本文です

中井貴一&長澤まさみ『グッドモーニングショー』、主題歌はKANA-BOON

CINRA.NET 6月22日(水)13時8分配信

10月8日から全国で公開される映画『グッドモーニングショー』の主題歌が発表された。

【もっと画像を見る(4枚)】

君塚良一が監督と脚本を手掛けた同作は、テレビの情報番組を題材に据えたコメディー映画。情報番組のメインキャスターを務める澄田真吾役を中井貴一、澄田との交際を生放送中に発表しようとするアシスタント・小川圭子役を長澤まさみが演じるほか、志田未来、池内博之、林遣都、梶原善、木南晴夏、大東駿介、時任三郎、吉田羊、濱田岳、松重豊らがキャスティングされている。

主題歌となるのは、KANA-BOONの新曲“Wake up”。KANA-BOONが実写映画の主題歌を担当するのは今回が初となる。リリース情報は後日発表される予定。あわせて公開された『グッドモーニングショー』の予告編には、同曲の一部が使用されている。

■谷口鮪(KANA-BOON)のコメント
主題歌のお話を頂いて、率直に嬉しかったです。また新たなテーマを持って楽曲作りが出来ることにワクワクしました。
今作「Wake up」は、また新たな自分達の未来を切り開く、フレッシュで力強い楽曲です。劇中に出てくる言葉や情熱が、ミュージシャンとしての自分の想いとも重なり、映画とも心が通った曲となりました。より多くの方に、この映画の面白さ、そして僕達の楽曲に込めたメッセージが届くことを願っております!

■君塚良一監督のコメント
テレビキャスターのとんでもない一日を描いたこの映画に、彼らの闘争的なメロディと独特な声の色が必須でした。
完成した主題歌は作品をより深く強く包んでくれました。

CINRA.NET

最終更新:6月22日(水)13時8分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。