ここから本文です

枇榔島のカンムリウミスズメ、カラスの捕食撮影成功

宮崎日日新聞 6/22(水) 11:24配信

 全国の海鳥研究者でつくる海鳥保全グループ(大槻都子(くにこ)代表、福島市)は、門川町の枇榔(びろう)島で、国の天然記念物・カンムリウミスズメがカラスによって捕食される瞬間の撮影に成功した。以前から同グループはカラスによる被害を疑っていたが、証拠となる写真撮影は初めて。

宮崎日日新聞

最終更新:6/22(水) 11:24

宮崎日日新聞