ここから本文です

旅行好きの夏ボーナス2016、使い道トップは「自分のための豪華旅行」、最も奮発したいのは「ホテル代」 ―DeNA調べ

トラベルボイス 6月22日(水)16時54分配信

DeNAトラベルはこのほど、夏のボーナスに関する調査を実施した。オンライン旅行サイトのメールマガジン会員501名を対象におこなったもの。それによると、全体の64.9%が「ボーナスが出る(出た)」と回答。金額は、「変わらない」(42.2%)が最も多く、「増えた(増える予定)」(23.7%)、「減った(減る予定)」(18.1%)と続いた。

ボーナスの用途の1位は「旅行」(49.6%)がほぼ過半数を占め、次いで、2位「貯蓄」(19.9%)、3位「買い物」(7.0%)。「ボーナスで旅行」と考える人の多さが際立つ結果になった。

「ボーナスが出たら贅沢をするか」という質問では、56.5%が「必ずする」または「たまにする」と回答。過半数以上がボーナスをきっかけに贅沢をする意向がみられた。また、「いつもよりも豪華な旅行」で、主にお金を使う用途は「ホテル」(48.7%)がトップ。2位「現地の食事」(21.9%)、3位「アクティビティ」(14.4%)とは大きな差が開く結果となっている。

なお、「ボーナスが入ったら誰のために使うか」という問いでは、「自分のため」 (51.3%)過半数でトップ。次いで、「パートナーのため」(13.5%)、「子供のため」(13.0%)となったという。

トラベルボイス編集部

最終更新:6月22日(水)16時54分

トラベルボイス