ここから本文です

都会女子が驚く不思議な道路標識 謎のスポーツにも出合う

福井新聞ONLINE 6月22日(水)19時23分配信

 都会女子が気になる福井の不思議第6弾。
 まだまだ福井で気になったことがたくさんあるので、今回もいろいろまとめてみました。

●路上駐車の不思議

 福井県鯖江市の街中で、駐車禁止のマークの下に、「奇数月」と書かれている標識を発見!
 反対側には偶数月の表示が…。
 これ、月ごとに駐車できる場所が変わるって意味らしい。
 つまり、暗に路上駐車オッケーって言ってる標識ってことだよね。
 これがあるとこでは堂々と路上駐車できます。
 すごすぎ!
 めっちゃ珍しい!なにこれ!って思ったから調べてみたら、宮崎県や北海道にもちょこちょこあるみたいなんだけど、ほとんどは福井県内にあるらしい。
 しかも、坂井市三国に至っては、珍しい標識として某番組で珍百景として登録されたほど。
 景観を壊さないためとか、道が細いからとか、理由はいくつかあるみたいだけど、なんで福井県に集中してるのかは謎。

●福井発祥のスポーツ

 福井に来てから、いくつかの謎のスポーツに出合った。
 一つ目がマレットゴルフ。
 40年ほど前に福井で生まれたスポーツで、スティックを使ってボールを少ない打数でゴールに入れるゴルフのようなもの。
 現在は約30の都道府県協会があったり、全国的にも有名な競技となっているとか。

 二つ目がスティックリング。
 これも福井発祥のニュースポーツで、近所のおじいちゃんおばあちゃんが集まってやるような、ゲートボールっぽいやつ。
 室内でやる競技なので、雨でも雪でもできるのが魅力。
 内容は、まさにカーリング、多分…。
 的が書いてあるマットを敷いて、パックをスティックで打ち出して得点を競うっていう簡単なものなんだけど、相手チームのパックをはじいたり、打ち出せないようにガードしたりと、けっこう頭を使うから難しい。

 近所の公民館でやってるって聞いて、おじいちゃんおばあちゃんに混ざってやってきたんだけど、私が参加した時の最年長は、なんと90歳!
 90歳になってもこうやって地域のコミュニティーに参加して、元気に暮らしてるってとっても素敵。
 こういう場所で幅広い年代でコミュニケーションを取るのも楽しいよね。
 スティックリングは始まってから10年ほどで、福井、富山、大阪で行われているみたいだけど、まだまだ知名度が低いのが現状。
 いつかはマレットゴルフのように全国区になるといいね。

福井新聞社

最終更新:6月22日(水)19時34分

福井新聞ONLINE