ここから本文です

神体山に沈む日に祈る 元伊勢内宮で夏至の「夏越大祓」

両丹日日新聞 6月22日(水)16時21分配信

 京都府福知山市大江町内宮、元伊勢内宮皇大神社(大林八十彦宮司)で、無病息災を祈願する夏越大祓(なごしのおおはらい)が、夏至の21日に営まれた。市内外から100人を超す参拝者が訪れ、神社西向かいの御神体山・日室嶽に日が沈むのを見送りながら祈った。

 夏越大祓は、これから迎える暑い夏を無事に過ごせるように祈る神事。夏至の日は、三重県伊勢市の二見浦の夫婦岩から昇った太陽が日室嶽に沈むとされ、元伊勢内宮での神事は毎年、日の入りに合わせて行われる。

 神事は午後5時ごろから、ピラミッド型の日室嶽が正面に見える遥拝(ようはい)所で営まれ、最初に全員で大祓詞を唱和。小さく切った紙と麻の切麻(きりぬさ)を体にふりかけて自己祓いをした。

 曇りの天候だったが、時折日が差し、山頂近くに沈む太陽をカメラで撮影する人の姿が見られた。

 参拝者の中には、同日早朝に夫婦岩へ行ったあと、元伊勢内宮を訪れた人もいた。夫婦で参拝した長岡京市の高木照次さん(67)は「夫婦岩では雨が降っていて日の出は見られませんでしたが、元伊勢内宮では日の入りを見ることができて良かった」と喜んでいた。

 神事のあとは、舞や、わん状で音が出るチベット密教の法具・シンギングボウル、器状の楽器・クリスタルボウルの演奏などが奉納された。

両丹日日新聞社

最終更新:6月22日(水)16時21分

両丹日日新聞