ここから本文です

トヨタ、高水準生産継続 鋼材出荷・加工堅調へ 6―8月

日刊産業新聞 6月22日(水)12時21分配信

 鉄鋼流通筋によると、トヨタ自動車は今月から夏場にかけて、高水準な生産を継続する計画。熊本地震の影響、部品会社の爆発事故に伴う部品供給の影響により、国内の完成車組立工場の操業が一時休止し、結果、トータルで9万―10万台の車両生産の落ち込みがでたもよう。これを取り戻すため、6―8月にかけて、国内の日当たり生産を1万3500台前後(月間平均)とする一方で、7―8月は稼働日数を増やす方向。これにより、同社とその関連部品向けの鋼材出荷・鋼材加工は堅調に推移する見通しだ。

最終更新:6月22日(水)12時21分

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]