ここから本文です

クビトバ、ウォズニアッキらが3回戦へ [イーストボーン/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 6/22(水) 12:00配信

 イギリス・イーストボーンで開催されている「AEGON国際イーストボーン」(6月19~25日/賞金総額77万6878ドル/グラスコート)の2回戦で、第5シードのペトラ・クビトバ(チェコ)がティメア・バボス(ハンガリー)を6-4 7-6(5)で下して3回戦に駒を進めた。

土居が予選勝者ヘルツォグ、世界13位スアレス ナバロを一日に連破し、3回戦へ [AEGON国際イーストボーン]

 クビトバは今季はまだ一度しか準決勝以上に進出できていない。しかし、このところの物足りない成績にも関わらず、自信のレベルは「かなりいい」と主張している。

「確かにここ数ヵ月は幾つかの試合を落としはしたけれど、いいプレ―をしていると感じているわ」とクビトバ。その“幾つかの試合”には、先週のバーミンガムでの2回戦敗退も含まれている。

 ウィンブルドンで2度優勝しているクビトバは、バボスとの試合の第1セットでブレークを果たして5-4とリードしたが、次のゲームは2つのブレークポイントを握られ、キープするために奮闘しなければならなかった。

 第2セットも拮抗して、クビトワは5-4とリードするためのブレークポイントを4度も手にしたが、バボスは勝負をタイブレークに持ち込んだ。

「今日は簡単ではなかった」とクビトバ。「彼女のサービスは本当によかった」と続けた。

 カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)は第7シードのサマンサ・ストーサー(オーストラリア)を6-2 6-1で粉砕し、3回戦に進出した。また、クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)は第4シードのティメア・バシンスキー(スイス)を6-1 7-5で倒す番狂わせを演じている。

「グラスコートは大好きよ」とムラデノビッチ。「私には好きじゃないサーフェスというものはないの」。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: Photo: EASTBOURNE, ENGLAND - JUNE 21: Petra Kvitova of Czech Republic plays a backhand during her women's singles match against Timea Babos of Hungary on day three of the WTA Aegon International at Devonshire Park on June 21, 2016 in Eastbourne, England. (Photo by Steve Bardens/Getty Images for LTA)

最終更新:6/22(水) 12:00

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。