ここから本文です

ソフトバンクのニケシュ・アローラ元副社長、役員報酬64億7,800万円で歴代最高額を更新

東京商工リサーチ 6月22日(水)15時54分配信

上場企業「役員報酬 1億円以上開示企業」調査

 6月22日、情報・通信大手ソフトバンクグループ(株)(東証1部、東京都港区)の有価証券報告書が提出された。6月22日付で退任したニケシュ・アローラ元代表取締役副社長の2016年3月期の役員報酬額が64億7,800万円で、歴代の最高役員報酬額を更新した。今まで役員報酬の最高額はオリックス(株)の(東証1部)宮内義彦シニア・チェアマン(2015年3月期54億7,000万円)だったが、その役員報酬額を10億800万円上回った。
 ニケシュ・アローラ元副社長は、2014年9月にソフトバンクグループのバイスチェアマン、2015年6月には代表取締役副社長に就任した。孫社長の後継者として2015年3月期には契約金などを含め報酬額165億5,600万円を受け取り話題となった(当時、取締役でなかったためランキング対象外)。
 同氏の2016年3月期の役員報酬内訳は、基本報酬9億5,500万円、賞与36億3,600万円、株式報酬18億8,700万円。
 ソフトバンクグループ(役員報酬額9,900万円)のほか、連結子会社のSB Group US,Inc.(同63億5,200万円)、Sprint Corporation(同2,700万円)からの報酬だった。なお、その他に2015年4月1日からソフトバンクグループの取締役に就任するまでの期間に主要な子会社からの役員報酬15億6,400万円を受け取った。
 ソフトバンクグループは情報・通信大手の1社。日本およびアメリカで携帯電話事業を行うほか、ブロードバンドサービスなどを手掛けている。2016年3月期連結決算は売上高は9兆1,535億円(前年同期8兆5,041億円)、純利益は5,582億円(同7,636億円)だった。 
 ※2010年3月期決算から報酬等の総額、報酬等の種類別の総額を有価証券報告書に記載することが義務付けられた。

東京商工リサーチ

最終更新:6月22日(水)15時54分

東京商工リサーチ