ここから本文です

浦和、戦術練習繰り返す 6試合ぶり勝利へ、22日F東京戦

埼玉新聞 6月22日(水)10時30分配信

 明治安田J1第1ステージは22日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の影響で未消化だった1試合が行われ、勝ち点27の暫定3位浦和が、同20の11位FC東京をホームに迎える(19時30分・埼玉ス)。現在リーグ3連敗、5試合勝ちなしで目標のステージ制覇も逃した。年間勝ち点1位の争いにも向けて、6試合ぶりの勝利を狙う。

 チームは21日、大原サッカー場で最終調整し、ミシャ監督は「3連敗の中で難しく、厳しいゲームになる。今、チームに必要なのは一つの勝利。全力を尽くし、いい結果を取るために一丸で戦うだけだ」と意気込んだ。

 練習はいつものゲーム形式を行わず、主力と控えを二つに分けて異なるメニューに取り組んだ。

 西川、大谷、森脇、遠藤、槙野、阿部、柏木、駒井、関根、梅崎、宇賀神、李、武藤、興梠の14人はミシャ監督の指導の下、ハーフコートで戦術練習を実施した。後方からパスをつないでクロスや連係でシュートに持ち込む形を繰り返した。

 それ以外の選手たちはもう片方のピッチを使って堀コーチらが見守る中、3人一組の攻撃練習などで体を動かした。

最終更新:6月22日(水)10時30分

埼玉新聞