ここから本文です

昨年覇者のイストミン 初戦敗退<男子テニス>

tennis365.net 6月22日(水)14時54分配信

AEGONノッティンガム・オープン

男子テニスのツアー大会であるAEGONノッティンガム・オープン(イギリス/ノッティンガム、芝、ATP250)は21日、シングルス1回戦が行われ、昨年覇者で世界ランク65位のD・イストミン(ウズベキスタン)が同90位のD・ズムル(ボスニア)に6-1, 6-7 (3-7), 4-6の逆転で敗れ、初戦敗退となった。

この試合、第1セットを先取したイストミンだったが、第2セットをタイブレークの末に落とすと、ファイナルセットで痛恨のブレークを許し、1時間44分で敗れた。

イストミンは、昨年の同大会でD・フェレール(スペイン)らシード選手を4人破り、悲願の初優勝を飾っていた。今シーズンはツアーの本戦でわずか4勝と、あまり思うような成績を残せていない。

一方、勝利したズムルは同日行われた2回戦で第11シードのV・ポスピシル(カナダ)に敗れた。

今大会のシード勢は、第1シードにK・アンダーソン(南アフリカ)、第2シードにP・クエバス(ウルグアイ)、第3シードにJ・ソウサ(ポルトガル)、第4シードにA・ドルゴポロフ(ウクライナ)となっていたが、ソウサは同日の2回戦で敗れて姿を消している。

tennis365.net

最終更新:6月22日(水)15時34分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。