ここから本文です

制服からプリンセス衣装へ......学園アイドル、放課後プリンセスが新曲「青春マーメイド」に込めた強いメッセージ/<視線の先>インタビュー

トレンドニュース(GYAO) 6月22日(水)18時49分配信

放課後16時を境に、カチューシャからティアラへ、制服姿の学園アイドルからドレス姿のプリンセスへと「変身」するアイドル、放課後プリンセス。
そんな彼女たちのメジャー・サードシングル「青春マーメイド」が6月29日にリリースされる。これまでも『シンデレラ』や『白雪姫』『マリー・アントワネット」など、プリンセスをモチーフにした楽曲を歌ってきた彼女たちが、今回チャレンジするのはアンデルセン童話『人魚姫』。オリジナルは、人間に恋した人魚姫による悲しいストーリーだが、本作には「思い続ければきっと運命は変えられる!」という、彼女たちらしい力強いメッセージが込められている。

放課後プリンセス 「青春マーメイド」無料配信>>

 正規メンバー、候補生、候補生見習いと、スキルに応じた昇格制度によってクラス分けされるなど、ユニークなコンセプトを持つ放課後プリンセス。今回は、リーダー(生徒会長)の小田桐奈々、副リーダー(生徒副会長)で今回のメインボーカルを担当する舞花、そして、現在グラビアモデルとしても人気急上昇中の候補生、長澤茉里奈の3人に話を聞いた。

ーー メジャーデビューして、1年とちょっとですが、何か心境の変化、環境の変化はありました?

舞花:もう、すべてが変わりました!

小田桐:こんなすてきな衣装が着られて、すてきな楽曲を歌わせてもらって、本当に毎日幸せです!

舞花:メジャーデビューをする前からたくさん指導をいただいてたんですけど、関わる方が増えたことで、さらに新たな課題が見つかったり。放課後プリンセスはまだまだ駆け出しで、「これからいろいろなことに挑戦していける」っていう可能性も広がりました。今は、みんなで同じ目標を目指して頑張れているような感じです。

ーー サードシングル「青春マーメイド」はどんな曲?

舞花:モチーフになっているアンデルセン童話の『人魚姫』は、叶(かな)わない恋の物語ですけど、放課後プリンセスの歌う「青春マーメイド」は、“強く思い続ければきっと変えていけるよ“っていうメッセージが込められていて。曲の中で奇跡を起こし、恋が叶(かな)うんです。なので、今、恋をしている人とか、人生の中で何か変えていきたいって思っている人とかが、この曲に共感してくださり、少しでも勇気につながったらうれしいです。

1/4ページ

最終更新:6月22日(水)19時56分

トレンドニュース(GYAO)