ここから本文です

球界一の遊撃手へ― ホークス今宮が見せる著しい成長

Full-Count 6/22(水) 10:05配信

「打」でも急成長見せる今宮

 球界一の遊撃手と認められる日も、そう遠くないかもしれない。ソフトバンク不動のショートストップである今宮健太が著しい成長を遂げている。

ソフトバンク、過去10年のドラフト指名選手一覧

 川崎宗則のメジャー移籍に伴い、2012年から遊撃の定位置をつかんだ今宮。13、14年にはパ・リーグ記録となる年間62犠打を2年連続でマーク。「バントの名手」、そして、常人離れした守備範囲と強肩で「守備の人」のイメージが強い一方で、打撃力が長年の課題とされてきた。

 大分の明豊高時代は高校通算62本塁打を放っていたスラッガー。その打力がここにきて、ついに花開き始めた。5月25日のオリックス戦(ヤフオクD)で1安打を放つと、そこから自己最長を大きく更新する20試合連続安打。1割8分8厘だった打率は、この20試合で2割6分5厘まで急上昇した。

 左脚を回転の軸とする打ち方に挑戦し、これがハマった。フリー打撃では左脚を軸にすることを意識するため、スイングとともに右脚を前方に流してくる。イメージはテニスのフォアハンドで、今宮自身も「テニス打法」と呼ぶ。

打撃向上もその真骨頂は「守備」

 交流戦5試合目だった6月2日の中日戦(ヤフオクD)で今季初の1番で起用されると、16試合連続でリードオフマンを務めた。ソフトバンクは2年連続で交流戦最高勝率に輝き、今宮も12球団の交流戦規定打席到達者の中で14位の打率3割2分9厘をマーク。チーム内でも4割1分5厘でブレーク中の城所龍磨に続き、2番目の成績を残してチームに貢献した。

 驚異の打撃成績はもちろんだが、そこはやはり今宮健太。彼の真髄は、守備にある、と、交流戦で痛感させられた。

 神宮球場で行われた14日のヤクルト戦。2点リードで迎えた2回のプレーだ。この回、先発の山田大樹がヤクルト打線につかまる。

 先頭の山田哲人に四球を与え、バレンティンには左前打。西田明央の中堅フェンス直撃の適時二塁打を浴び、中村悠平の中前適時打、代打・飯原誉士の遊ゴロで3点を奪われ、逆転を許した。この直後のことだ。

1/2ページ

最終更新:6/22(水) 10:05

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。