ここから本文です

全国粗鋼、5月生産884万トンに 回復本格化は下期以降

日刊産業新聞 6月22日(水)12時24分配信

 日本鉄鋼連盟が21日発表した5月の全国粗鋼生産量は前年同月比0・9%減の884万1000トンだった。日産量は28万5200トンで、20カ月ぶりの増加となった4月に比べて0・7%増えた。「国内需要は4―6月が底となり、7―9月に少し持ち直して、下期には緩やかな増加基調に入る」(進藤孝生・鉄鋼連盟会長)と見られており、輸出環境にも左右されるが、生産回復が本格化するのは下期以降となりそうだ。

最終更新:6月22日(水)12時24分

日刊産業新聞