ここから本文です

いったい何が!?日本が焦る完全自動運転の実用化、国家戦略「7年前倒し」の舞台裏

オートックワン 6/22(水) 16:38配信

前提として自動運転の「レベル」について

最近、なにかと話題の自動運転。だが、ひとことで自動運転といっても、その中身はいろいろある。

各社が開発を急ぐ自動運転車(画像16枚)

そこで、2014年初頭、アメリカとドイツが中心となり「ざっくり、こんな感じでは?」と自動運転の度合いを示す「レベル」を決めた。

ただし、その「レベル」はアメリカの自動車技術会(SAE)と、アメリカの国家道路交通安全局(NHTSA)では、区分けが若干違う。欧州の自動車メーカーでは、SAEの「レベル」を採用し、日本の自動車メーカーではNHTSAの「レベル」を採用する場合が多いという、ちょっと面倒な状態になっている。

では、ここから先は、日本国内での自動運転についての話なので、NHTSAの基準を使う。なぜなら、クルマに関する法整備を行う国土交通省が、「NHTSA準拠」との姿勢だからだ。

「オールジャパンで、自動運転技術を集約して世界市場に打って出よう!」。そうした志を持って、産学官が連携したのが、2014年に始まった内閣府による「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」での自動運転プロジェクトだ。ここでは、国土交通省、経済産業省、総務省、そして警察庁が内閣府の旗振りによって、規制緩和や国際的な協調を進めている。

そのSIP自動運転プロジェクトが基盤となって、昨年6月30日に「官民ITS構想ロードマップ2015」を公開した。ITSとは自動運転を含む高度交通システム(インテリジェント・トラフィック・システム)のことだ。

このなかで、自動運転の各「レベル」について、以下を目標年と定めた。レベル2では、追従、追尾システム、衝突回避のためのステアリングが2016~2017年頃。さらに、車線変更を伴う自動運転も2016~2017年頃。

レベル3は、高速道路での自動合流等などで、2020年頃。

そして、完全自動運転であるレベル4は、高速道路で2025~2028年頃、都市などの一般道路で2027~2030年頃を目指すとしていた。ところが、それから10ケ月半後の2016年5月20日に発表された「官民ITS構想ロードマップ2016」では、驚きの改定が決まった。

1/3ページ

最終更新:6/22(水) 16:38

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。