ここから本文です

錦織はフェデラー上回り2位 ウィンブルドン優勝予想<男子テニス>

tennis365.net 6月22日(水)18時2分配信

ウィンブルドン

テニスで27日に開幕を控えたウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で優勝するのは誰かをテニス365のツイッターでアンケート調査したところ、錦織圭(日本)は過去に7度優勝を誇るR・フェデラー(スイス)を上回り、2位となった。

フェデラー1位 錦織は17位に


【ウィンブルドンで優勝するのは誰か?】回答数2,979票

ノヴァーク・ジョコビッチ 40%(1,192票)
錦織 圭 26%(774票)
ロジャー・フェデラー 23%(685票)
アンディ・マレー 11%(328票)

世界ランク1位の王者N・ジョコビッチ(セルビア)が約40パーセントの票を集めて1位に。今大会では3連覇と4度目の優勝を狙う。先日の全仏オープンで初優勝を飾り、悲願の生涯グランドスラム(全豪・全仏・全英・全米の四大大会で優勝)を達成。

加えて、今シーズンは1月の全豪オープンも制しており、男子テニスでは1969年のR・レーバー(オーストラリア)以来となる年間グランドスラム(同一シーズンで行われるグランドスラム4大会全てで優勝)の達成を狙う。

ジョコビッチに続いて2位となった錦織は、四大大会でウィンブルドンだけ唯一ベスト8へ進出したことがなく、今大会では1995年の松岡修造(日本)以来21年ぶりの8強入りにも期待がかかる。昨年は1回戦でS・ボレッリ(イタリア)をフルセットで下すも、左ふくらはぎの故障により2回戦を棄権した。

前哨戦のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝、ATP500)に出場していたが、左脇腹の負傷で2回戦を棄権しており、回復の具合が心配される。

ウィンブルドン歴代最多タイとなる7度の優勝を誇るフェデラーは、錦織に次ぐ3位となった。今年は2月に膝の手術を行うなど怪我に苦しみ、未だ無冠のシーズンとなっている。ゲリー・ウェバー・オープンでは19歳のA・ズベレフ(ドイツ)に敗れ、ベスト4に終わった。

2013年に優勝経験のあるA・マレー(英国)が4位に。マレーは元世界ランク1位のI・レンドル(アメリカ)をコーチに迎え、前哨戦のAEGON選手権(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)では大会史上最多となる5度目の優勝を果たしている。

tennis365.net

最終更新:6月22日(水)18時4分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]