ここから本文です

TDK、今期収益に懸念材料。HDDヘッドが大失速で成長の足かせに

ニュースイッチ 6月22日(水)15時10分配信

村田に追いつくどころか・・

 TDKの2017年3月期の収益構造に懸念材料が浮上している。受動部品と二次電池の両セグメントは好調を維持するものの、パソコン需要の急減に伴いHDD(ハードディスク駆動装置)ヘッドのセグメントは大幅に失速する見通しだ。15年3月期と16年3月期の主要セグメントの業績は堅調だったが、17年3月期は好調な業績の中に波乱要因を抱える展開になりそうだ。

 「減益要因のほとんどが(磁気応用製品セグメントの中心である)HDDヘッドが利益貢献しないことにある」。4月、上釜健宏社長は17年3月期見通しをこう説明し、HDDヘッドの先行きに警戒感を示した。

 17年3月期の売上高は前期比0・7%増と同水準にもかかわらず、営業利益は同20・8%減を見込む。16年3月期に約200億円計上したHDDヘッドの営業利益が、17年3月期予想では大部分が剥落(はくらく)するとされるためだ。そこで中国の生産拠点でリストラを実施するなど改革を実行。「ヘッドの拠点をどんどん電子部品の生産に振り向ける」(同社首脳)など対策を急いでいる。


 HDDヘッドの不調は、収益性を押し下げている。営業利益率は15年3月期に6・7%、16年3月期に8・1%と改善してきたが、17年3月期予想は6・4%と15年3月期並みに逆戻りする。中期経営計画の最終年度の18年3月期に10%以上を掲げているが、目標達成にはHDDヘッドのテコ入れが急務だ。

 一方、受動部品と二次電池の両セグメントは、これまでの取り組みが奏功して好調を続ける。いずれも16年3月期に売上高、営業利益で過去最高を記録し、17年3月期も増収増益を見込む。特に受動部品はスマートフォン販売数の増加傾向が鈍化するにもかかわらず、「まだ好調に推移する」(同)と自信を示し、事業基盤の強さを強調する。

 セグメントによって好・不調が際立つ収益構造は、成長の足かせになる恐れがある。最大のライバルである村田製作所の営業利益率は16年3月期に22・7%を計上するなど、高収益のビジネスモデルを確立している。TDKもHDDヘッドの改革を進め、強みを訴求するモデルに転換できれば、より利益を創出できるはずだ。

 特にHDDヘッドは改革のやり方次第で、高い付加価値を生む可能性を秘める。中期的な市場見通しは悪くなく、技術開発面でも車載市場で競争力ある製品を生み出す源泉になる。他の事業と組み合わせれば、新たなビジネスも創出できる。

 例えば、買収したスイス・ミクロナスや、提携する米クアルコムとのシナジーなどがそれだ。TDKはこれらのシナジーや商材の広さを生かせば利幅の大きい製品・サービスを生み出すことができ、村田とは異なる道筋で収益力を高めることも可能になる。

 <解説>
 SSDなど半導体メディアの大容量化と低価格化が同時進行し、HDDがどんどん隅に追いやられているように見える。しかしHDD市場はただ縮小しているだけではない。データセンターなどインターネットのインフラとしてはまだまだ主役。それらの市場では需要も盛り上がっているし、開発競争も続いている。もちろんヘッドを内製するHDDメーカーも含め、熾烈な競争が待ち受けるが、残存者利益を得るところまで、なんとか勝ち残ってもらいたい。

最終更新:6月22日(水)15時10分

ニュースイッチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]