ここから本文です

コンビニ強盗2件連続、同一犯か 刃物で店員脅迫、男2人逃走/川口

埼玉新聞 6月22日(水)22時20分配信

 22日未明、埼玉県川口市内でコンビニ強盗事件と未遂事件が2件連続で発生した。2店の距離は直線で約1・5キロで、川口署は同一犯の可能性もあるとみて調べている。

 同署によると、22日午前1時50分ごろ、川口市伊刈の「セブンイレブン川口伊刈店」に10代後半から20代の男2人が侵入、レジにいたアルバイト女性店員(33)に包丁のような刃物を突き付け「金を出せ」と脅迫し現金を奪おうとしたが、店員がバックヤードに逃げ何も取らずに逃走した。

 約1時間55分後の同日午前3時45分ごろ、川口市芝樋ノ爪1丁目の「ファミリーマート上野芝店」に20代から30代の男が侵入、レジにいたアルバイト男性店員(37)に包丁のような刃物を突き付けて脅迫し、現金19万円を奪って逃走した。

 1件目の男2人は身長約170センチと約175センチで、体格は細身と中肉、いずれも黒の短髪、白マスク、迷彩色の長袖シャツと青色のジャンパー姿だった。2件目の男は身長約170センチで体格は中肉。白いキャップ帽に白マスクを着用、灰色のパーカー姿だった。

最終更新:6月22日(水)22時20分

埼玉新聞