ここから本文です

「ヤマザキナビスコカップ」24年間の歴史に幕 最も優勝カップを掲げたクラブは?

theWORLD(ザ・ワールド) 6/22(水) 10:40配信

ダントツの優勝回数

Jリーグは21日、リーグカップの名称が「Jリーグヤマザキナビスコカップ」から「JリーグYBCルヴァンカップ」になることを発表した。

1992年の第1回大会からヤマザキナビスコ株式会社が冠スポンサーを務めて開催されている「ヤマザキナビスコカップ」だが、同社は2016年9月1日、ライセンス契約の終了に伴い、ヤマザキビスケット株式会社に商号変更。リーグカップの名称も、ビスケット社の新ブランド名となる「YBC」と基幹商品の「ルヴァン」を冠し、「JリーグYBCルヴァンカップ」になることが決まった。2016年シーズンのグループステージは「ヤマザキナビスコカップ」として開催されたリーグカップだが、決勝トーナメントからは「YBCルヴァンカップ」となる。

2015年シーズンまで計11クラブが優勝を果たした「ヤマザキナビスコカップ」だが、同大会を最も制したのは鹿島アントラーズとなった。鹿島は1997年に初優勝を果たすと、結果的に国内三冠を達成した2000年に2度目の大会制覇。2011年、2012年には連覇を達成した。2016年はグループステージでの敗退が決まっているが、昨季も決勝戦でガンバ大阪を3-0で下すなど、24年間の歴史で6度も優勝カップを掲げている。

優勝回数2位に輝いたのは東京ヴェルディで、同クラブは第1回大会となる1992年から三連覇を果たした。また、1996年には清水エスパルス、2005年にはジェフユナイテッド千葉、2008年には大分トリニータなどが同大会でクラブ史上初のJ1タイトルを獲得している。

以下、「ヤマザキナビスコカップ」優勝回数。

6回:鹿島アントラーズ
3回:東京ヴェルディ
2回:ジュビロ磐田、ガンバ大阪、ジェフユナイテッド千葉、FC東京、柏レイソル
1回:清水エスパルス、浦和レッズ、横浜F・マリノス、大分トリニータ

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6/22(水) 10:40

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。