ここから本文です

ボコ・ハラムの襲撃を受けた「恐怖の町」、ニジェール

AFPBB News 6/22(水) 14:41配信

(c)AFPBB News

【6月22日 AFP】ナイジェリアとの国境に近いニジェールの町ボッソ(Bosso)は今月3日、イスラム過激派組織ボコ・ハラム(Boko Haram)による同国史上最悪となる攻撃を受けた。ボコ・ハラムの戦闘員数百人が軍の駐屯地を襲撃し、兵士32人が死亡、67人が負傷したのだ。かつてはにぎやかな町だったが、いまは腐りゆく動物の死骸と略奪された建物が残され、静まり返っている。(c)AFPBB News

最終更新:6/25(土) 9:43

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。