ここから本文です

清武のパスに反応するはチリの得点力抜群のストライカーか 熱血指揮官が獲得に興味

theWORLD(ザ・ワールド) 6月22日(水)11時10分配信

コパ・アメリカで暴れるストライカー狙う

先日のコパ・アメリカ2016準々決勝メキシコ戦で驚異の4得点を決めたホッフェンハイム所属のチリ代表FWエドゥアルド・バルガスにセビージャが関心を示している。

バルガスはコパ・アメリカ制覇を狙うチリ代表で欠かせない人材となっており、改めてその得点能力の高さを証明している。これに目をつけているのが、セビージャの指揮官就任が近付いていると言われるホルヘ・サンパオリだ。伊『Calciomercato』はサンパオリがバルガスをチームに加えたがっていると伝えており、現在所属しているフェルナンド・ジョレンテよりも高い評価を与えているようだ。

サンパオリといえば昨年チリ代表を率いてコパ・アメリカを制した熱血指揮官で、その際にもバルガスはジョーカー的役割で優勝に大きく貢献している。そのバルガスが再び代表の舞台で爆発しているとなれば、サンパオリが興味を示すのは当然だろう。

セビージャは日本代表MF清武弘嗣の加入が決定しており、司令塔の清武と最前線のバルガスのコンビも非常に興味深い。バルガスは今大会で評価を飛躍的に高めているが、セビージャで熱血指揮官との再会は実現するか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月22日(水)11時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]