ここから本文です

ステージ制覇へ強力すぎる助っ人!? 鹿島の練習場にシャルケDF&ケルンFW現る

theWORLD(ザ・ワールド) 6月22日(水)12時0分配信

最終節を前に半端ないトレーニング実施

2016年のJ1リーグ1stステージ制覇に王手をかけた鹿島アントラーズだが、同クラブには現在、豪華な“練習生”が加わっているようだ。

その練習生とは、鹿島で多くのタイトルを獲得してドイツへと旅立ったDF内田篤人とFW大迫勇也だ。内田は5月末からJFA(日本サッカー協会)の要請を受けた鹿島でリハビリテーションを行っていたが、6月21日は大迫も古巣クラブのトレーニングに参加したことをクラブ公式Twitterが伝えている。

現在はクラブ・リレーションズ・オフィサー(C.R.O)として鹿島で活躍する中田浩二氏も21日、Twitterにて内田、大迫、そしてDF昌子源のスリーショット写真を投稿。自身も2008年から2013年まで共にプレイしたかつてのチームメイトの姿に、「全然変わんないね~」と綴っている。また昌子も同日、Instagramにて、「久々です。偉大なる先輩方!」と投稿した。

11日に埼玉スタジアムで開催された浦和レッズとの上位決戦でもスタジアムに駆けつけた2人だが、今度は再び鹿島の練習着を身に纏ってクラブのステージ制覇を後押しする。

2009年以来のリーグ制覇を目指す鹿島は次節、1stステージ優勝を懸けてホームでアビスパ福岡と対戦。その2009年に加入した大迫勇也、そして2009年のリーグタイトルを最後に翌年の夏からドイツに渡った内田篤人の前で恥ずかしい試合は許されないはずだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月22日(水)12時0分

theWORLD(ザ・ワールド)