ここから本文です

新クロップチルドレンの仲間入り? レアルの17歳、神童ウーデゴーにリヴァプールが関心

theWORLD(ザ・ワールド) 6/22(水) 18:10配信

クロップのもとで花開くか

2014-15シーズン、ノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴーはレアル・マドリードで史上最年少トップチームデビューを果たし鮮烈なインパクトを残した。だが、昨シーズンはプレシーズンマッチではトップチームに同行するも、その後は主にレアル・マドリード・カスティージャでプレイしていた。

英『EXPRESS』は、リヴァプールのユルゲン・クロップ監督がそんなウーデゴーの獲得に熱心になっていると伝えており、この夏の移籍市場でのターゲットになっているという。リヴァプールは同選手がレアル・マドリードに加入する以前にも獲得を狙っていたとされており、クロップもボルシア・ドルトムントにいたときにウーデゴーを練習に参加させたことがあったようだ。

神童として世界中で注目を集めた17歳のMFウーデゴーは、クロップ監督のもとで才能を開花させることになるのだろうか。今後の去就に注目が集まる。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6/22(水) 18:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報