ここから本文です

ネイマールよ、選べ! バルサとパリが提示した17億円と29億円の年俸オファー

theWORLD(ザ・ワールド) 6月22日(水)20時10分配信

フランスから莫大なオファーが

ネイマールを巡るマネーゲームも、終焉に向かっている。もちろんこの人騒がせな問題をいち早く処理したいと望むのは、他でもなくバルセロナだろう。

2013年にサントスから世界最高のクラブへ加入して以降、ネイマールの成長ぶりは目を見張るものがあり、彼がチームにもたらす攻撃面での魔法は多くのバルセロニスタを虜にしている。だが一方で、かねてより噂されるバルサとの契約延長交渉はいまだに締結されておらず、レアル・マドリードやパリ・サンジェルマンといった金満クラブが獲得の可能性を模索。スペイン紙『SPORT』はバルサがこの問題を解決すべくネイマールに最後通告としての年俸1500万ユーロ(約17億円)を提示したと報じた。しかし、もしも彼が守銭奴であるならば、大いに悩める日々を過ごしているにちがいない。というのもPSGはバルサの提示額を大幅に上回る2500万ユーロ(約29億円)もの大金をオファーしたと同メディアが伝えているからだ。

同メディアによるとバルサにはリオネル・メッシ以上のオファーを提示するつもりはなく、ネイマールがこれ以上の駆け引きを求めるのであれば、両者の関係にヒビが入ることにも繋がるだろう。パリから届いた29億円の誘いか、それとも最高のフットボールを堪能できる現所属クラブからの17億円オファーか。不世出の天才は決断を下す必要がある。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月22日(水)20時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報