ここから本文です

フェラーリ、ライコネンとの契約について言及も「道のりは長い」

オートスポーツweb 6月22日(水)16時20分配信

 フェラーリのチーム代表マウリツィオ・アリバベーネによると、チームとキミ・ライコネンは2017年の契約を、特に急いでいないという。

ヨーロッパGPでは、ペナルティによって表彰台を失ったライコネン

 ライコネンの契約が今シーズン末に期限を迎えることから、バルテリ・ボッタスやロマン・グロージャンら数人のドライバーに加入の噂が流れている。昨シーズン、2016年の契約延長は夏季休暇まで決まらなかったが、その際にはライコネン本人が残留を希望するとの発言をしていた。

 今シーズンのライコネンは序盤から強さを見せており、すでに3度の表彰台を獲得。また昨シーズンの同時期と比較すると、ポイント数でも9ポイント上回っている。今シーズンの好調が契約延長に値するものであるかと聞かれると、アリバベーネは以下のように答えた。

「キミは復調しており、仕事によく集中している。(ヨーロッパGPの)日曜日にはセバスチャン(ベッテル)の良きチームメイトであることを、行動で示してくれた(より新しいタイヤを履くベッテルを先行させた)。その時も、セクタータイムを見ていくと、ある部分ではキミの方が速かった。(契約延長について)考えてはいるが、我々もキミも急いではないない」

 ライコネンは現在、ドライバーズランキングでは15ポイント差で3位のベッテルを追っている。昨シーズンの8戦終了時点では、48ポイントの差をつけられていた。2017年もフェラーリに残留すれば、これが4シーズン目となる。また過去の在籍期間を含めると、チームとの付き合いは8年間に渡る。

 いまのフェラーリが最も優先すべきはドライバーとの協議ではなく、2016年シーズンにメルセデスを打ち負かすことであると、アリバベーネは語る。

「まだ1勝もできていないのだから、来シーズンのことを話すには早すぎる。道のりは長い」

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月22日(水)20時36分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]