ここから本文です

マクラーレンの新CEO、業務開始のプラン固まる

オートスポーツweb 6月22日(水)14時45分配信

 マクラーレンの新CEOとして発表されたヨースト・カピートが、ベルギーGPから業務をスタートする見込みであることが分かった。カピートは現在フォルクスワーゲンのモータースポーツディレクターを務めている。

2016年第8戦ヨーロッパGP ジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)

 1月にマクラーレンがカピートの加入を発表した際には、彼は現職の後任が決まった後にマクラーレンでの仕事をスタートすると述べていたが、具体的な時期は明らかにされてこなかった。

 先日、カピートは、フォルクスワーゲンがWRCで4年連続となるタイトルを獲得するのが確実になってから去りたいとして、8月のラリー・ジャーマニーがそのタイミングかもしれないと示唆していたが、その後、より明確な発言を行った。

「ラリー・ジャーマニーの後すぐに」マクラーレンに移るというのが、今のプランだということだ。ラリー・ジャーマニーは8月18日から21日に開催されるため、8月26日から28日に開催されるベルギーGPの前にマクラーレンで新たな仕事をスタートする予定だという。
 
 移籍するまではフォルクスワーゲンの仕事に100パーセント集中するというカピートは、現時点ではマクラーレン移籍後の業務について考えたり、マクラーレンの現在の状況について分析したりはしていないということだ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月22日(水)14時48分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。