ここから本文です

好調Fインディア、打倒ウイリアムズ掲げるも開発の主軸を2017年マシンへ

オートスポーツweb 6月22日(水)16時26分配信

 フォース・インディアはチームの主要なリソースを2017年のF1マシン開発に割り当て、2016年シーズンは現在のパッケージを最大限に活用する方向にシフトした。

ペレスはヨーロッパGPの“ドライバー・オブ・ザ・デー”に

 2016年シーズンにポイントと賞金をできるだけ多く獲得する方向に割り当てるか、レギュレーションの大幅変更で順位が変動するであろう2017年に割り当てるか。F1チームは現在、予算の配分に悩まされている。

 フォース・インディアは先月のスペインGPで大きなアップデートを導入し、セルジオ・ペレスがこの3戦で2度の表彰台を獲得。チームは来シーズンを見据えての開発を進めるため、今シーズン中のアップデートは見込めないことになり、現在のパッケージを最大限に活用していくという。リソースの割り振りについて、チーム代表のボブ・ファーンリーは以下のように語る。

「他のチームと同様に、(リソースの)切り替えはすでに始まっており、いまのマシンに大幅な力を注ぐことはなくなる。現在のセッティングから引き出せるものは、まだたくさんある」

 主要なリソースの切り替えはすでに始まっているかと聞かれると、ファーンリーは「おおよそは始まっている」と答えた。

「我々は、いまあるものを開発していかなければならない。来シーズンはレギュレーションが大幅に変わることになり、優れた設計チームを持つ我々にとってはチャンスとなるだろう。白紙で始まる来シーズのチャンスを手放すようなことは、絶対にしたくない」

 ファーンリーは今シーズンの目標を、コンストラクターズランキング5位をキープすることだとしている。バクーでペレスが3位表彰台を獲得したことで、チームは現在6位のトロロッソを37ポイント上回り、4位のウイリアムズからは31ポイント差となっている。

「バクーでは我々自身の力と、トロロッソがノーポイントに終わったことで、この目標が達成できた。今後も努力を重ね、ウイリアムズを追っていく。トロロッソは強いチームなので、誠実な戦いを続けなければならない。5位というポジションが、我々には必要だ。ウイリアムズに追い越せそうならばやってみるが、5位を維持できれば、良いシーズンだったと言えるだろう」

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月22日(水)23時0分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。