ここから本文です

トロロッソ、サインツ残留を示唆。クビアトには複雑な思い

オートスポーツweb 6月22日(水)17時5分配信

 トロロッソのチーム代表フランツ・トストが、2017年もカルロス・サインツJr.がチームに残る見込みであると発言した。

2016年F1ヨーロッパGP木曜記者会見 握手をかわすフェルナンド・アロンソとカルロス・サインツJr.

 2015年にマックス・フェルスタッペンと共にトロロッソでF1デビューを果たしたサインツだが、フェルスタッペンは今季スペインGPから早々に“Aチーム”であるレッドブル・レーシングに昇格を果たし、サインツは一歩出遅れる形になった。

 サインツは今季見事なパフォーマンスを発揮、8戦中5戦入賞を果たしている。しかしレッドブルは現在のダニエル・リカルドとフェルスタッペンのペアを来年以降も維持する意向であり、サインツが入り込む余地はなさそうだ。

「私がいつも3年計画について話しているが、プランは常にレッドブルの状況に左右される」とトストはFIAスポーツ・カンファレンスにおいて語った。

「来年はレッドブルのシートはダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンで埋まっている」

「私個人として望んでおり、そうなる見込みが高いと思われるのは、カルロス・サインツは(来年)トロロッソに残るということだ。このことについては近々確認されるだろう」

「カルロスにとって才能を示すいいチャンスとなる」

「来季マシンの競争力が高いことを願っている。彼が他のチームと比べて不利になることがないようにね」

 トストによると、レッドブルはサインツとの契約においてオプションを有しており、彼を残すかどうかを決めるのはレッドブルであるということだ。

 
 一方、フェルスタッペンと入れ替わる形でトロロッソに降格されたダニール・クビアトについて、来年サインツのチームメイトとして残るかどうか聞かれたトストは「状況を見ていく」と答えるにとどまった。
 
「トロロッソの来季ドライバーラインアップはまだ100パーセント決まっているわけではない。カルロスは残るものと私は考えているが」

「私はクビアトも残ることを望んでいる。彼は本当に優れたドライバーだからね」

「だが彼はいい感触を持てるようになる必要がある。その上で、将来どうなるかを見ていく」

「彼はいい仕事をする能力を持っている。見ていれば、才能あるドライバーであることが分かる。自信を取り戻すことが重要だ」

 トストは、クビアトがF1デビューからわずか1年でレッドブル・レーシングに昇格したのは理想的な流れではなかったと考えているが、セバスチャン・ベッテルがレッドブルから離脱することが決まったため仕方がなかったと述べた。

「理想的にはトロロッソに(翌年も)残った方がよかったかもしれない。しかしあの時の状況により、ああする必要があった」とトスト。

「だがレッドブルはタイトルを争うチームであることを忘れてはならない」
「タイトルを争う状況では、当然のことながら経験が必要になる」

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月22日(水)17時12分

オートスポーツweb