ここから本文です

カルチャー・クラブ 待望の日本公演スタート

Billboard Japan 6月22日(水)18時35分配信

 80年代を代表するスーパー・ポップ・バンド、カルチャー・クラブの来日公演が6月21日よりスタートした。オリジナル・メンバーでの来日は16年ぶりとなる。

 ライブは、「チャーチ・オブ・ザ・ポイズン・マインド」で幕を開けた。先にステージに登場したロイ(g, kb)、マイキー(b)、ジョン(dr)で、既に大興奮のオーディエンスが最後に迎えたのは、ポップ・アイコン、ボーイ・ジョージ。白地に○×柄のセットアップに色違いの同柄ハットというお茶目かつモードな衣装で登場し、久々のファンとの再会を温かなMCで称え、冒頭から会場は一気に一体感に包まれた。2曲目は「イッツ・ア・ミラクル」、そして3曲目には「アイル・タンブル・4・ヤ」とテンポ良くライヴは流れ、懐かしのヒット曲にオーディエンスも心地よくダンスする。16年ぶりでも全く色褪せることのないバンドのしっかりした演奏と、より深みを増したボーイ・ジョージのボーカルに、改めてカルチャー・クラブの底力を見せつけられた。6月22日、東京公演2日目が行われ、6月24日、フェスティバルホールにて大阪公演が行われる。

◎公演情報
<東京>
6月22日(水)Zepp Tokyo
START 18:00 / START 19:00
スタンディング:13,500円(tax in.)+1D
2F指定席:25,000円(tax in.)+1D
<大阪>
6月24日(金)フェスティバルホール
START 18:00 / START 19:00
SS指定席:25,000円(税込)
S指定席:15,000円(税込)
※未就学児入場不可 / 枚数制限4枚 (東京・大阪)

最終更新:6月22日(水)18時35分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。