ここから本文です

エイフェックス・ツイン 17年振りミュージックビデオ公開

Billboard Japan 6月22日(水)15時20分配信

 2016年7月8日に世界同時リリースとなる、エイフェックス・ツイン(Aphex Twin)の新作『Cheetah EP』より、収録曲「CIRKLON3 [Kolkhoznaya mix]」(※「Kolkhoznaya」の正式表記はロシア語)のミュージックビデオ(http://y2u.be/ZEP-Qpw3lHg)が公開された。

Aphex Twin『Cheetah EP』特典など

 エイフェックス・ツインことリチャード・D・ジェイムスと、英レコードレーベルのWarp Recordsが監督に指名したのは、ダブリン在住の若干12歳の少年、ライアン・ワイアー君(Ryan Wyer)。自身のYouTubeチャンネル「epic1:40d Gaming」を持ち、数年前からエイフェックス・ツインやスクエアプッシャー (Squarepusher) の音源を使用した自作のビデオをアップしていたことが今回の起用に繋がったという。エイフェックス・ツインがMVを公開したのは「Windowlicker」以来、実に17年振りとなった。

 『Cheetah EP』の国内盤にはオリジナル・ロゴ・ステッカーが封入され、初回生産盤のみ紙ジャケット仕様となる。また数量限定で、最新Tシャツ付セットも発売されるほか、対象店舗で購入するとオリジナル・ロゴ・マグネットがもらえる。

 なお、現在beatkart(http://bit.ly/28Myks8)にて行われているTシャツ・キャンペーンにて、入手困難となっていたエイフェックス・ツインTシャツ4種が少数のみ6月24日より再販売される。



◎『Cheetah EP』(チーター EP)
2016/07/08 RELEASE
[国内盤CD]BRE-52 / 1,800円+税
[国内盤CD+Tシャツ]BRE-52T / 5,500円+税
※国内盤特典: オリジナル・ロゴ・ステッカー封入 / 解説書付き
※初回生産盤のみ紙ジャケット仕様
特設サイト:http://bit.ly/1UiDCiu
詳細(日本語):http://bit.ly/1rfKjWX
label: Warp Records / Beat Records

最終更新:6月22日(水)15時20分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。