ここから本文です

エンリケ・イグレシアス、ステージへ上がり抱きついてきたファンを警備から守る

Billboard Japan 6月22日(水)18時35分配信

 6月19日にアゼルバイジャンのバクーで開催されたイベント【European Formula I Grand Prix】にて、エンリケ・イグレシアスがパフォーマンスを披露している際、あるハプニングが起きていたことが明らかになった。

 その熱狂と興奮の最中、気持ちを抑えきれずステージに駆け上がったひとりのファンが彼に抱きつき、個人的にプレゼントを手渡した。これを受け、すぐさまセキュリティが数人近づきファンを引き離そうとしたものの、イグレシアスはそれを制止し、彼女が問題なくステージから降りられる場所まで自ら歩いて連れて行ったのだ。

 この出来事の直後、イグレシアスは「セキュリティのみんな、少し落ち着こう。僕が必要としているのは全員の無事を守ることさ」と話した。

 エンリケ・イグレシアスの心温まる行動と、それに拍手を贈るオーディエンスの様子は、現在YouTubeで確認できる。



◎Enrique ?glesias - Defend his fan from Security in Baku Concert
https://www.youtube.com/watch?v=bAidh2lY3aE

最終更新:6月22日(水)18時35分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。