ここから本文です

石田ニコル、ダークヒロイン役で西内まりやと敵対! セクシー衣装でアクション挑戦

クランクイン! 6/22(水) 13:00配信

 西内まりやが主演する映画『CUTIE HONEY ‐TEARS‐』に、モデルで女優の石田ニコルが出演することがわかった。石田は、西内演じる主人公・如月瞳と敵対する巨悪のヒロイン・ジル役を演じる。

【関連】石田ニコル演じる悪役・ジル<フォトギャラリー>


 本作は、1973年に永井豪により「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載されたコミックを映画化した作品。これまで、テレビアニメ化、劇場版やOVAが作られるなど、幅広い人気を博している。2004年には、庵野秀明監督、佐藤江梨子主演で実写映画化もされているが、本作では新たな時代、新たなヒロインのもと全く新しく生まれ変わる。

 舞台は近未来のAIに支配された漆黒の世界。上層階に住む、僅かな富裕層の生活を維持するため、下層階に住む多くの貧困層が、上層階から垂れ流される汚染物質の雲に覆われた中で暮らしていた。

 ある時、下層階に1体の美しいアンドロイド・如月瞳が落下してくる。彼女は自分の産みの親である如月博士に実の娘の記憶を移植された、感情を持ったアンドロイドだ。如月は、上層階の新聞記者である早見青児ら様々な人との出会いをきっかけに、人類最大の危機に立ち向かうことになる。

 上層階の支配者という、ダークヒロインを演じることになった石田は、「ジルの強さと同時に、セクシーさも出せるように衣装なども話し合い、スタッフさんに色々無理を言ってしまいました(笑)」とやる気をみなぎらせる。そして、「チャレンジしてみたかった初のワイヤーアクションとCGで、新しいキューティーハニーになっていて絶対楽しめると思います!」と本作の見どころをアピールした。

 映画『CUTIE HONEY ‐TEARS‐』は、10月1日より公開。

最終更新:6/22(水) 13:00

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]