ここから本文です

東山紀之、後輩・国分太一の“第一子” 報告に感激「僕にとっても特別なこと」

クランクイン! 6/22(水) 6:00配信

 東山紀之が21日、都内にて行われたTBS系ドラマ特別企画『ふつうが一番 -作家・藤沢周平 父の一言-』の取材会に、共演の松たか子と共に参加した。先日、後輩のTOKIO・国分太一の妻が第一子を授かり、10月に出産予定という報告があったことを受け、「太一に子どもができるのって僕にとっても特別なこと。弟に子どもができるのってこういう気持ちになるのかな」と喜びを表した東山。「あの太一が、そうか、あの太一が…」と感慨深そうにしながら、「人生が楽しくなると思います。奥様を大事にしていただいて…」とアドバイスを送った。

【関連】『ふつうが一番 -作家・藤沢周平 父の一言-』取材会<フォトギャラリー>


 原作は藤沢周平の娘でエッセイスト・遠藤展子の『藤沢周平 父の周辺』『父・藤沢周平との暮らし』。藤沢周平(東山)が小説家になることを夢見ながら新聞記者として活動していた昭和38年頃、妻に先立たれながら慎ましく暮らしていた時代から、和子(松)と再婚、昭和48年に直木賞を受賞するまでの家族との日々を、実娘の目線で描いた作品だ。

 会見で石井ふく子プロデューサーが「台本ができる前からキャストはこの二人しか浮かばなかった」というほど熱望し、二人のスケジュールの調整のために撮影を3年待ったとのことだ。

 東山は「僕も父親になりまして、今の時期に父親役をやれることに運命的なものを感じます」と語り、松は「緊張しながらも平和で穏やかで、みんなで一つのお話に向かっていく空気が漂っていた素敵な現場でした」と撮影を振り返った。

 東山と松は今回が初共演。東山は松の印象を「聡明で美しい方」と絶賛しつつ、「松さんと一緒にいると“アナ雪”の歌を思わず口ずさんでしまう」と話し笑いを誘った。「意識しないんですけど、♪ありのままの…と言ってるんですね。『しまった』と思いながら…」と苦笑い。

 松は東山に対して、「次元が違いすぎて最初何話していいかわからなかった」と恐縮しながらも、「リラックスする方法を持ってる方。自然体な方で、でもちょっとお茶目で、私が知らなかったロケグッズを持っていたり(笑)」と東山の素顔を明かしていた。

 ドラマ特別企画『ふつうが一番 -作家・藤沢周平 父の一言-』は、TBS系にて7月4日21時より放送。

最終更新:6/22(水) 6:00

クランクイン!