ここから本文です

短冊に願い書こう チューリップ四季彩館

北日本新聞 6月22日(水)22時33分配信

 七夕を前に砺波市中村のチューリップ四季彩館は22日、高さ7メートルの七夕飾り3本を設置した。来館者に短冊に願い事を書いてもらい、市の市民交流都市・愛知県安城市にある七夕神社に奉納する。8月7日まで。

 100万人を超える人出の「安城七夕まつり」で知られる安城市との交流や、季節感の演出を目的に同館が企画。チューリップやユリなどで彩られたワンダーガーデンを覆うように3本の竹を飾った。

 来館者は安城七夕まつりのキャラクター「きーぼー」が描かれた短冊に願い事を書き、七夕神社に届くポストに入れる。初日は砺波南部小学校の3年生43人が訪れ「サッカーがうまくなりたい」「お花屋さんになりたい」など夢や願いを思い思いに書き込んだ。

 期間中は来館者全員にチューリップおかきを贈り、浴衣姿の人は入場無料とする。

北日本新聞社

最終更新:6月22日(水)22時33分

北日本新聞