ここから本文です

ロフト利用者300人に聞いた、「ロフト」便利? いらない?

SUUMOジャーナル 6月22日(水)7時30分配信

ロフトのある家。居住スペースを有効活用でき、何となくおしゃれなイメージもある。また、“おまけスペース的なお得感”や“秘密基地然としたワクワク感”もある。だが、実際にロフト付き物件に住む人からは「じつはあまり使わない」なんて声もちらほら聞かれる。
そういえば、意外と知らないロフトの実態。体験者へのアンケートから、みんなの「ロフト事情」を探った。

■ロフト付き物件のメリット・デメリットは?

かくいう筆者も、初めてひとり暮らしをしたアパートはロフト付きだった。入居後1カ月間は妙にうれしくて無駄に上り下りしていたものの、次第に飽きていつしか「物置」になった。あのころは十分にロフトを満喫できなかったが、もしかしたらもっと有効な活用手段や楽しみ方があったのかもしれない。

そこで、「ロフト付き賃貸物件」で現在ひとり暮らしをしている(または過去にしたことがある)男女300人にアンケート。その利便性や利用方法について聞いてみた。

まずはロフト(付き物件)のメリット・デメリットについて。それぞれ上位は以下のような結果となった。

●ロフト付き物件のメリット(複数回答可)
1位 収納場所として活用できる(47.0%)
2位 ワンルーム部分とロフト部分でスペースの使い分けができる(42.7%)
3位 天井が高くて開放感がある(40.0%)
4位 冬はロフト部分が暖かい(24.7%)
5位 部屋がおしゃれに見える(19.3%)
6位 来客時などに、とりあえず物を隠すことができる(15.7%)

●ロフト付き物件のデメリット(複数回答可)
1位 夏はロフト部分が暑い(57.3%)
2位 階段の昇り降りが面倒(53.3%)
3位 掃除しにくい、ほこりがたまりやすい(26%)
4位 ロフト部分の天井が低く頭をぶつける(25.3%)
5位 部屋全体の天井が高く、冷暖房費がかかる(22.7%)
6位 奥に置いたものなど取り出しにくい(15%)
7位 寝ぼけて落ちそうになる(12.7%)

ワンルームに「+αな空間」を確保できる点ではやはりメリットがあるようだが、一方でデメリットの並びを見ると「無用の長物」感も否めない。確かに筆者も当時は掃除がめんどうで放置していた。結果、ほこりが溜まったロフトは害虫の温床に。ある日、ねずみがロフトのはしごを駆け下りてきた光景に衝撃を受け、引越しを決意したのだった、そういえば。

■ロフトにまつわるエピソードは「住んでみて分かったネガティブなこと」が多い?

なお、「ロフトをどのように使っていますか(使っていましたか)」という問いに対しては、「寝室代わりにしている(していた)」(49%)と「収納場所にしている(していた)」(46.7%)という回答が、ほぼ二分する形で拮抗。「趣味や仕事など何かをする場所にしている(していた)」人はわずか1.3%だった。単身者用物件の狭いロフトだと、使い方もかなり限定されてしまうのかもしれない。

次に、ロフトにまつわる「思い出、エピソード」を聞いてみた。まずは“ロフト便利派”のコメントから。

・「部屋の半分の広さのロフトなので、実質部屋が1.5倍あるような状態。とても気に入っています。 1つの部屋に2部屋あるような感じだし、エアコンの風も当たりやすくて快適です」(男性/43歳/埼玉県)

ほかにも「部屋が広く使えるので一人暮らしにはかかせない」(男性/31歳/東京都)といったコメントは見られたが、こうした声は少数派。意外なことに「ネガティブな思い出」が多かった。

・「はしごが倒れて来て買ったばかりのテレビを壊しそうになった」(男性/42歳/東京都)

・「布団の上げ下ろしが面倒で布団を干さなくなった」(男性/39歳/東京都)

・「体調不良のときの上り下りが苦痛で、若くて健康な人でないと、 逆に不便でしかないと感じた」(女性/43歳/東京都)

・「1階の部屋だったが、上に住んでいる人の生活音や足音などがかなり響いてくるのでロフトでは寝られなくなった」(男性/38歳/千葉県)

特に、夏の暑さに辟易(へきえき)としている人は多く「ロフトに窓が無いと、熱がこもる」(男性/36歳/東京都)、「冬だけ寝室として利用していたが、夏は暑い空気が溜まるので使い道がない」(男性/47歳/東京都)といった声が目立った。なかにはそれを逆手にとり「夏には50℃近くまで気温が上がったので、簡易サウナとして利用していた」(男性/32歳/東京都)なんてつわものもいたが…。

また、こうした声を反映するように「次に引越すとして、またロフトのある部屋に住みたいと思いますか?」という問いには44.3%が「住みたい」55.7%が「住みたくない」と回答。わずかながら「住みたくない」が上回る結果に。ロフトは高低差があるため、便利に使いこなすにはなかなかの知恵と工夫が必要なのだろう。「ロフト付き」というキャッチーな響きにとらわれず、自分がどう使うのかちゃんと検討してから決断したほうがよさそうだ。

●調査概要
[賃貸に関する調査]より
・調査期間:2016年3月25日~2016年3月28日
・調査方法:インターネット調査(ネオマーケティング)
・対象:現在または過去に「ロフト付き」賃貸物件でひとり暮らしをしたことがある20代~40代の男女
・有効回答数:300名(男性181名、女性119名)

榎並紀行(やじろべえ)

最終更新:6月22日(水)7時30分

SUUMOジャーナル