ここから本文です

運転代行業者が利用者保護学ぶ 石川県協会勉強会

北國新聞社 6/22(水) 2:58配信

 石川県運転代行協会などは21日、金沢市の県トラック会館で運転代行政策勉強会を開き、県内の業者約50人が国土交通省が3月に発表した「利用者保護」対策の内容を学んだ。

 全国で初めて、業界団体の全国運転代行協会(東京)と運転代行振興機構(同)の共催で開かれた。機構の担当者は4月に料金制度のガイドラインが示されたことや、随伴用自動車の任意保険加入が義務化されることなどを説明した。

北國新聞社

最終更新:6/22(水) 2:58

北國新聞社