ここから本文です

アルゼンチンが大勝で決勝進出…メッシが超絶FKで代表最多得点記録更新

SOCCER KING 6月22日(水)11時59分配信

 コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016の準決勝が21日に行われ、アメリカ代表とアルゼンチン代表が対戦した。

 開催国のアメリカは開幕戦のコロンビア戦で敗れたものの、コスタリカとパラグアイに連勝を飾ってグループAを首位で通過。準々決勝ではエクアドルとの接戦を制し、ベスト4進出を決めた。一方、優勝候補筆頭のアルゼンチンはグループステージで唯一の3連勝を飾り、盤石の体制で決勝トーナメントに進出。準々決勝のベネズエラ戦は攻め込まれる場面もあったが、最終的には4-1の大勝で準決勝進出を果たした。

 アメリカはDFデアンドレ・イェドリンが出場停止から復帰したものの、MFジャーメイン・ジョーンズ、アレハンドロ・ベドヤ、FWボビー・ウッドの主力3選手が出場停止。システムは4-4-2で、スターティングメンバーはGKブラッドリー・グザン、DFイェドリン、ジェフ・キャメロン、ジョン・アンソニー・ブルックス、ファビアン・ジョンソン、MFマイケル・ブラッドリー、カイル・ベッカーマン、グレアム・ズシ、ギャシ・ザーデス、FWクリント・デンプシー、クリス・ウォンドロウスキとなった。

 アルゼンチンはFWニコラス・ガイタンが出場停止。先発メンバーはGKセルヒオ・ロメロ、DFガブリエル・メルカド、ニコラス・オタメンディ、ラミロ・フネス・モリ、マルコス・ロホ、MFハビエル・マスチェラーノ、アウグスト・フェルナンデス、エベル・バネガ、FWリオネル・メッシ、ゴンサロ・イグアイン、エセキエル・ラベッシの11名となった。

 試合は開始早々にスコアが動く。4分、アルゼンチンが左CKのチャンスを獲得すると、ラベッシはショートコーナーを選択。バネガからリターンパスを受けたラベッシが一度エリア手前のメッシへ預けると、メッシが浮き球で最終ラインの裏にパスを送る。GKグザンが中途半端に飛び出すと、ラベッシが頭でループ気味のシュートを決め、アルゼンチンが先制に成功した。

 続く15分、アルゼンチンがハーフウェイライン付近でボールを奪うと、一気にカウンターを仕掛ける。イグアインからパスを受けたメッシがドリブルで相手DFの間をすり抜け、エリア手前左から左足ミドルシュート。しかし、ここはGKグザンの正面に飛んでしまった。

 その後は試合が膠着しかけたが、アルゼンチンのエースが自慢の左足でリードを広げる。32分、メッシがドリブル突破からエリア手前左でFKを獲得。キッカーのメッシはグザンとの駆け引きからファーサイドへスピードのあるシュートを狙う。逆を突かれたグザンが横っ飛びで反応したが、ボールはゴール右上隅に決まり、アルゼンチンが追加点を奪った。なお、この得点はメッシにとってアルゼンチン代表通算55点目となり、ガブリエル・バティストゥータ氏と並んでいた同代表最多得点記録を更新した。

 アメリカはシュートチャンスを作ることができず、前半はこのままアルゼンチンが2-0でリードしてハーフタイムを迎える。

 後半開始前には興奮したファンがピッチに侵入。メッシに抱きつく場面もあった。

 2点を追うアメリカは後半開始から選手交代。ウォンドロウスキを下げ、クリスチャン・プリシッチを投入した。これでザーデスがデンプシーと2トップを組み、プリシッチが左サイドハーフに入った。

 しかし、アルゼンチンの攻撃は止まらない。50分、左サイドでパスを受けたラベッシが中央へ切れ込み右足でクロスを入れる。これを最終ラインの裏で受けたイグアインがダイレクトボレーシュート。一度はGKグザンが弾いたが、こぼれ球をイグアインが自ら押し込み、3点目を奪った。

 ここまで順調だったアルゼンチンにアクシデントが発生する。59分、A・フェルナンデスが負傷交代。替わってルーカス・ビリアが投入された。一方、アメリカは60分にベッカーマンを下げ、スティーヴ・バーンバウムをピッチへ送り込んだ。

 アルゼンチンにアクシデントが続く。63分、左サイドでロングボールを受けたラベッシがピッチ外の広告ボードにぶつかり、反対側へ転倒。頭から落下する格好となり、ストレッチャーで運ばれることとなった。ラベッシに替わり、エリク・ラメラが投入される。

 83分、アルゼンチンがハーフウェイライン付近でボールを奪うと、左サイドのイグアインが逆サイドの最終ライン裏へ浮き玉のパスを送る。これを受けたメッシがエリア内右から左足シュート。しかし、ここはGKグザンがなんとか弾き出した。

 続く86分、アメリカが最終ラインでパスを回すと、ブラッドリーからパスを受けたバーンバウムがエリア手前でメッシにボールを奪われる。メッシがエリア内左から折り返し、イグアインが押し込んで4点目を奪った。このまま4-0でアルゼンチンがアメリカを下し、決勝進出を果たした。

 3位決定戦は25日(日本時間26日)、決勝は26日(同27日)に行われ、アルゼンチンは決勝でコロンビア対チリの勝者と、アメリカは3位決定戦で同試合の敗者と対戦する。

【スコア】
アメリカ代表 0-4 アルゼンチン代表

【得点者】
0-1 4分 エセキエル・ラベッシ(アルゼンチン代表)
0-2 32分 リオネル・メッシ(アルゼンチン代表)
0-3 50分 ゴンサロ・イグアイン(アルゼンチン代表)
0-4 86分 ゴンサロ・イグアイン(アルゼンチン代表)

SOCCER KING

最終更新:6月22日(水)15時11分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。