ここから本文です

メッシ、代表通算得点記録を更新…FK弾でバティストゥータ氏を抜く

SOCCER KING 6月22日(水)11時2分配信

 コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016の準決勝が21日に行われ、アルゼンチン代表はアメリカ代表と対戦した。この試合で、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが同国代表の最多得点記録を更新した。

 アメリカ戦で先発出場を果たしたメッシ。32分にゴール前でFKのチャンスを獲得すると、キッカーを務めゴール右隅に直接叩き込んだ。これで代表通算55得点目を記録したこととなり、ガブリエル・バティストゥータ氏が持つ最多得点記録を更新した。

 現在28歳のメッシは、2005年8月12日に行われた国際親善試合ハンガリー代表戦でアルゼンチン代表デビュー。代表初得点は、2006年3月1日に行われた国際親善試合クロアチア代表戦でマークした。メッシは代表通算112試合目での得点記録更新となった。なお、バティストゥータ氏は代表通算77試合で54ゴールを記録していた。

SOCCER KING

最終更新:6月22日(水)12時33分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。