ここから本文です

スペイン指揮官、2失点のGKデ・ヘアを擁護「チーム全員の責任」

SOCCER KING 6月22日(水)12時25分配信

 ユーロ2016・グループステージ第3節が21日に行われ、グループDでスペイン代表はクロアチア代表と対戦し、1-2で敗れた。試合後、同国を率いるビセンテ・デル・ボスケ監督がコメントを残した。22日付のスペイン紙『マルカ』が報じている。

 試合開始早々に先制ゴールを挙げながらも、前半終了間際に同点に追いつかれ、後半に逆転を許したスペイン。デル・ボスケ監督は、「私たちの臨んだように試合が進まなかった。だけどこれがフットボールなのさ」と2004年大会以来となったユーロ本大会での敗戦を受け止めた。

 この試合でGKダビド・デ・ヘアは2失点を献上。逆転ゴールはニアサイドを射抜かれてのものだった。それでもデル・ボスケ監督は、「ゴールに関してデ・ヘアを非難することはできない。負けたときはチーム全員の責任である」と同選手を擁護した。

 スペインはこれでグループステージ2位通過が確定。決勝トーナメント1回戦ではイタリア代表と対戦することが決まった。指揮官は「イタリアとの戦いへ向けて分析する時間はある」と語り、次の試合を見据えた。

SOCCER KING

最終更新:6月22日(水)12時25分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。