ここから本文です

甲府FWクリスティアーノ、完全移籍での柏復帰が決定「最も難しい決断」

SOCCER KING 6月22日(水)11時55分配信

 ヴァンフォーレ甲府に所属するブラジル人FWクリスティアーノが柏レイソルに完全移籍で加入することが決まった。同選手は昨シーズン以来の柏復帰となる。両クラブが22日に発表した。

 クリスティアーノは1987年生まれの29歳。ブラジル国内のクラブを渡り歩き、2012年にはオーストリアのザルツブルクに移籍した。2013年に栃木SCへ期限付き移籍で加入し、J2リーグで40試合出場16ゴールを記録。翌2014年には甲府へ移籍し、J1リーグで32試合出場5ゴールを記録した。2015年は柏へ期限付き移籍で加入。明治安田生命J1リーグで全34試合に出場し、14ゴールを挙げる活躍を見せた。今年1月に甲府復帰が発表され、今シーズンは明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第16節終了時点で全16試合に出場、7ゴールを記録していた。

 背番号「10」をつけ、副キャプテンとして甲府をけん引してきたクリスティアーノ。約6カ月ぶりの柏復帰が決まったが、甲府の公式HPにて心境を以下のように明かしている。

「私にとって最も難しい決断でした。甲府のことは全部大好きです。特にサポーターとファンの皆さんには心を込めて感謝しています。最高の応援です。クラブと話をしましたが、夜中に何度も目が覚めました」

「結論としては移籍をする事になりました。家族の事も考え日本でサッカー人生を引退したいと思っていることが移籍を決断した大きな理由です。大切な時期でチームから離れるのは心が痛みます。私はヴァンフォーレ甲府がJ1に残留して欲しいです。いつも応援しています。数年後、ヴァンフォーレ甲府に復帰する事が可能であれば、またプレーしたいです」

「今年甲府での最後の試合となる広島戦、ホームで皆さんともう一度一緒になって喜びたいです。絶対に勝利しましょう。応援よろしくお願いします」

 また、クリスティアーノの移籍にあたって甲府の代表取締役社長を務める輿水順雄氏もコメントしている。

「クリスティアーノ選手の移籍の件につきまして、本人と話し合いを続けて参りましたが、この度、柏レイソルへ移籍することとなりました。今シーズン、佐久間監督はクリスティアーノ選手を中心にチームを作る事を明言しエースナンバーである10番を与え、また副キャプテンにも任命、まさにチームの大黒柱としてここまで戦い、リーグ戦全16試合に出場し7得点と結果も残しています」

「このような状況の中、7月1日より今季の第2登録期間(ウインドー)が開くことに伴い、数クラブから獲得オファーの話がありました。クラブとしましては、最大限の条件を出し慰留に努めましたが、柏からの提示が好条件であり、本人の意思も固く移籍が決定しました。クラブとしましては、チーム成績もままならぬ中での中心選手の移籍は誠に遺憾ではありますが、本人の決断に委ねるほかなく断腸の思いであります」

「7月からはセカンドステージも始まります。厳しい財政状況ではありますが、可能な限り最大限の補強を施し、残り半分のリーグ戦で何としてでもJ1残留のため、フロント、チーム共に全力で戦いたいと思います。サポーターの皆様、スポンサーの皆様には引き続き我々と共に戦って頂けますようお願い申し上げます」

 甲府は明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第16節終了時点で3勝6分け7敗の勝ち点15、J2降格圏内の17位に低迷。25日の第17節ではサンフレッチェ広島とホームで対戦する。

SOCCER KING

最終更新:6月22日(水)11時55分

SOCCER KING